今日は、北海道白老町の保育所の子供に論語を教えました。

今日は₍2020年7月7日₎、北海道白老町の保育所に行って子供たちに論語を伝えました。3クラスを回りました。子供たちに論語を音読した後、五常の徳「仁義礼智信」も話しました。子供たちに「論語」を学びながら、「五徳」を身につけるには具体的にどうしたらよいか、一緒に考え、一緒に答えを見つけました。

※五常の徳

「仁」とは、自分を大切にすること、そして、身近な人を大切することです。人間が守るべき姿です。

「義」とは、人の歩んでいく正しい道のことです。仁を行う基本として、義を貫くことが必要です。

「礼」とは、親や目上の人に礼儀を尽くし、自分を謙遜し、相手に敬意を持って接することです。

「智」とは、物事や人の正邪善悪を正しく判断する智恵です。

「信」とは、言行一致、嘘がないことで得られる信頼です。

※五常の「信」は全ての徳を支えるほど大切な教えです。嘘のために一度失った信頼を取り戻すことは難しいです。

 

 

uri_mr1594086515107_mh1594086544070

uri_mr1594086048928

IMG_20200707_100400